ひとつのサイクルが終わりました

アンジュの看板犬
そして愛する私の相方ぽんぽん。

本日、無事に火葬が済み
お家に帰ってきました。


今日も午前中、お忙しい中
2人もご挨拶に来てくださり
ぽんぽんの為に
たくさん泣いてくださって
改めて幸せな子だなあと思いました。

今日はデザイナーのkaoちゃんと
打ち合わせの予定だったのですが
kaoちゃんが
「火葬に付き合いますよ‼」と
一緒に葬儀場まで来てくれたのも
嬉しかったです。

12日から今日16日までの4日間。
色々考えること
気づくことがありました。

まず、私は感情よりも理性で
現状に対応しがちなんだなぁと
いうこと。
例えば、ぽんぽんが息を引き取った後
実感がないのもありましたが
まず、火葬の手配や親しい人への連絡
SNSでの告知

じっくり、ぽんぽんと向き合って
自分の感情と向き合うことを
無意識に避けていた気がします。

そして、結果的に
いろんな方々が来てくださったおかげで
じっくり、ぽんぽんの死を受け入れる
時間が持てました。

そして皆さん、
連休で予定があったと思うのに
都合をつけて
足を運んでくださった方
伺えませんがと、メールで
ご挨拶くださった方
これからも大切なご縁を
繋がせていただきたいと思います。

そんな方との時間を通して
お通夜や
葬儀の後の食事の時間も
亡くなった存在を偲ぶ為にも
残された関係性を見直す為にも
大切な時間なんだと思いました。

姉や近所の友人に連絡した時は
「あんまり実感ないし 泣かないかも」
なんて言ってましたが
ご挨拶に来てくださった
皆さんのおかげで、
たくさん泣けたと思います。


気づいたこともたくさんあるし
ぽんぽんは本当に
神様からのプレゼントだったと
思います。
2010年9月24日にやってきて
今年の9月まで頑張れたら、まる9年。
気学も西洋数秘も9年でワンサイクル。
その間、ずっと一緒に
過ごしてきたぽんぽん。
その、ぽんぽんがいなくなる。
来年は七赤。
整理整頓。
6月からは来年の流れなので
あきらかに次のサイクルが
始まるというサインです。

明日から仕事が始まります。
でも、明らかになにかの流れが
変わっていく
そんな気がします。

らぶ
ななこ
?Gg[???ubN}[N??