聖書の勉強会♪

群馬の総合セラピースクール
スペースアンジュの小暮奈々子です。


総合セラピースクールという名の通り
アンジュでは心身を癒し、成長を促していく
様々なツールをご紹介しています。

最近ご縁ができたのは
超ビジネスマンでありながら神父さまの資格を持つ
Gさん♪

「聖書の中には成功哲学も詰め込まれているんだよ」と
お時間のある時に聖書の勉強会を
開催して下さることになりました。

昨日は
「言」と「言葉」の違い。

ちなみに「神のことば」は「言」です。

神は存在そのものが「霊」なので
霊が発した「ことば」は「言霊」になります。
※この例はお化けってことじゃなくて、
実体はないけれど存在するエネルギーという意味ね♪

そして
「言葉」、葉っぱは落ちる物、
つまり、コロコロと変わっていく、
そこに留まらないもの・・・という
解釈になります。

つまり「文字」は
そこに留まるかのように見えるけれど
時間がたつにつれ、霊(エネルギーとか想いとか)が
抜けていくんですって。
※もちろん、反対に時間がたつにつれて
エネルギーが入る場合もあります。

昨日の格言は

信仰は人を活かし
文字は人を殺す


言葉、要は文字というものは
理屈だったり
常識と呼ばれるものだったり。
外から自分に影響を与えるもの。

そこから生まれた「行い」は
信仰ではないんですね。

信仰は
自分の内側から生まれて
行いになるもの。

例えば、自分に意地悪をした人がいる。
その人が助けを求めにやってきた。
気持ち的には「はあ???」と思っても
「いやいや、ここで優しくしないのは大人じゃないでしょ」と
「何かの精神世界の本にも書いてあったよね」と
頭で考えていやいや行う行いは信仰じゃないんです。

信仰からの「行い」は
優しくする、という定義すらないのかもしれなくて
ただ、神への信仰の根底にある
「愛と許し」に基づいた言動になるんですね。

私は別に特定の宗教をやっているわけではないんですが
20年以上、イギリスで生まれたオーラソーマと関わってきて
宇宙の根源である、すべての根源というものについては
馴染みがあって、入りやすかったですね~。

世界中で読み継がれている聖書。
宗教ではなく、信仰。

きっと学ぶことで皆様にも
何かのスイッチが入るような気がしたので
ただ今「聖書」をベースにした講座を準備中です♪

神様と繋がりたい方は
お楽しみにね~♪

らぶ
ななこ
?Gg[???ubN}[N??