アニメ「文豪ストレイドックス」による青と赤の考察

群馬の漫画、アニメ、小説
大好き
オタッキーな
オーラソーマティーチャー
小暮奈々子です。

のらぶーに利き手である
右手を噛まれて
思うように動けない日々。

傷の痛さよりも
腫れと痺れが結構大変です。
心臓の脈動と協調して
ズキズキするので
実は夜も眠れませんでした。

寝てないので
あまり動く気にもならず
読書とビデオ三昧な日々。

1年くらい前に
アニメ好きのセラピスト仲間から
聞いていた
「文豪ストレイドックス」。

アマゾンプライムで目に留まり
とりあえず1話視聴。
内容は置いておいて絵が綺麗‼

物語はヨコハマを舞台とした
武装探偵団と
ポートマフィア。
異能力をもつ様々な人物たちの
バイオレンスな内容です。
思わず第2シーズンまでの24話を
3日で見ちゃいました。
文豪の使い方や
お話の内容など
好き嫌いは色々あると
思うのですが
なによりもエンディングの
アニメが美しい。

青を基調とした作りで
その中に入る赤がより
印象に残ります。


青を基調とした画面を
使っているのは
虎に変身する主人公、敦。
そして、敦を拾い育てる太宰。


そして対する赤の世界は
太宰が育てていた
元部下である芥川です。


敦は最強の異能力者になれる
可能性を持ちながら
暴力を好みません。
彼が1番欲しいものは
平和で静かな居場所です。

彼が戦う時は
誰かや何かを守るためです。

対して
芥川は、自分の存在価値を
太宰に認めて欲しくて
ひたすらに強くなろうとします。

でも芥川のことを太宰は
決して褒めてあげません。
※これには理由がありますが。
芥川の赤は彼の中の
行き場のない怒りであり
やるせなさであり
彼の生きてきた世界の色です。

そんな2人を掌の上で
転がすように育て指導する太宰。

なんて、お話ですが
私は敦の目の色も
紫と黄色で面白いと思っています。

彼の中にいる虎。
野生、本能という質は
普通赤が表します。
それが紫。
赤の中に敦のテーマである
青が混ざる。
青は理性、そして紫は精神性を
表します。
そして黄色。
黄色は知性であり、自我です。
敦が自分の中の虎に飲み込まれず
自分を保つ色として
この黄色があるのかなあなどと
そんな事を考察してみました。

アニメもこんな風に
観ると面白いですよ~♬

ちゃお
ななこ
?Gg[???ubN}[N??