三原色で読み解く健康管理能力

群馬県の総合セラピースクール
スペースアンジュの
小暮奈々子です。

50も半ばを過ぎると
年季の入った車のようなもの。
メンテナンスを怠ると
交差点の真ん中でエンストを
起こすように
突然身体が動かなくなったり
します。。。

16日、市のレディース検診
なるものを受けに行きました。

問診、乳がん検診、大腸ガン検診
胃がん検診、子宮ガン検診です。
子宮ガンはただいま経過観察中なのでできなかったんですが
久しぶりにバリウムを飲みました。
昔に比べて
なんと飲みやすくなった事‼

なんて感動してたら、
そのあと気持ち悪くて
動けなくなってしまいました。
他の人は帰り支度をして
どんどん帰っていくのに
私は看護師さんや職員さんに
毛布やら白湯やら
持ってきてもらい
血圧まで測る大騒ぎ。

胃が弱っている時は
バリウムじゃなく
最初から
胃カメラにトライした方が
楽かもしれません~。

こんな私は大抵の方に
いつも元気そうでいいですよね~
なんて言われます。

時々、イラっとして(苦笑)
「今すぐ倒れそうに
調子悪いんですけど」
と返してみるんですが
「見えないですね~」で
終わるところが悲しいです(笑)

さて、
このように走っていて
突然倒れて動かなくなるタイプは
マゼンタ。

アンテナが
いつも人に向いていて
そこを起点に動くので
自分はあとまわし
気がついたら動けない。。
そんなタイプです。

マゼンタは赤紫のことなので
色分解すると
赤3.青1です。

赤やピンクの人は
プラスに働くと
自分の要求に素直なので
自分の心身が望むことを
してあげます。
だけどマイナスになると
赤は自己破壊的になるし
ピンクは自己否定が強くなるので
免疫が落ちますね。

とにかく動いちゃう
外に出すのが赤の特徴。

黄色は
考えすぎて神経的な
症状を引き起こすタイプ。
症状の出る場所も一定でなく
迷走します。

青は感情も痛みも
ストレスも
内側に閉じ込めてしまうので
内側で進行するタイプの
病になりがちです。

マゼンタは人のために
動いている間に
残りの 青1が知らずに
進行しちゃうわけです。
で、気がついたら
動けないんですね。

こんな風に
赤、黄、青の三原色は
私たちの感情や思考だけに
とどまらず
肉体のパターンも
作り出して行きます。

自分がどの傾向が強いのか
自覚しておくことで
ある程度、ケアができるように
なると思います。

三原色の特性は
ことからモジュールで
ご紹介します。

2018年1月3日に
開催決定です。

⚫ことからモジュール
1月3日10時~17時
3万円
テキスト、修了証付き

ご興味のある方
お正月も3日ともなると
ちょっとヒマな方。

一緒に学んでみませんか?

らぶ
ななこ
?Gg[???ubN}[N??